10万以下でも医療費控除できるかも

医療費控除制度の申告をすると、節税効果が大きいです。一年間頑張って領収書をためていたけど10万円にはならないから関係ないと思って確定申告しない人も多いのではないでしょうか。実は私がその一人でした。しかし医療費控除の確定申告は一年間の所得が200万円以上の人はその5%の10万円が控除になり、年間所得が200万以下の人は所得の5%の医療費控除が出来るのです。

例えばその年の年間所得が130万円の人は130万×5%の65,000が控除対象金額となります。病院にかかった分の領収書だけでなく公共の交通機関を利用した分はメモを残しておくことが必要、薬局などで購入した風邪薬やマスクなども対象となり、その世帯家族全員の分も対象です。こまめにとっておくと結構たまるものです。所得税をおさめていないから関係ないと思っている人もいると思いますが、ここがおおきなポイントです。

所得税だけでなく住民税・国民健康保険税の納付額にも大きく影響するのです。我が家にとって国民健康保険税は結構な負担でしたが、確定申告をした年から国民健康保険税がそれまで30,000円位毎月納付していたものが15,000円に減額になりました。医療費控除確定申告をされることをおすすめします。

鼻水で困っている女性

カテゴリー: 確定申告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)