税金関係の本で勉強し、節税は自信あります

並みのサラリーマンなので、これといって大きな節税方法はありませんが、歯が悪いので一年のうちに歯科クリニックに10万円近くは使っています。この医療費控除は必ず行っています。
意外と知られていませんが、医療費控除は市販の薬を買った費用も控除できるんです。そこらへんのドラッグストアで買った薬です。

また、公共交通機関を利用して病院へ行った際のバス代や電車代の費用も控除できるんです。だから、母にそれを教えて領収書は取って置くように伝えてあります。これも積もり積もると相当な金額ですから。

そして税金関係の本、とくに節税の本で、サラリーマンで数十年税金を一円も払ったことがないという人が書いた本が売られてあり、それを読んで試したことはあります。でも精神的にきつく、続けるのは苦ですね。

仕組みは、個人経営をするということです。役所に、企業した旨を届け出ると、書類が届き、自然と確定申告時にそういう手続きができるようになります。要点は、沢山の領収書を小まめに取っておき、赤字とすることです。それによって、会社の給与と相殺され、給与から控除された税金を還付できるのです。ただし、会社にそれを知られてしまうので、前もってそれを伝えるしかないんです。それが嫌だから一度だけやって辞めたのですが。

病院

カテゴリー: 確定申告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)