投資家必須の損益通算は節税効果大

ここ最近、株式投資やFXなどサラリーマンの方も副業に投資をされてる方が多いと思います。利益が出てる時の確定申告での納税は少し痛いし、後になっての税金なので頭を痛めてる方も多いのでは?私もそうでした。
でも投資って毎年納税するほど利益が出ることが案外少なく、損失が出てる時も多いもんです。なので損失が出た時こそ確定申告が必要です。なぜ?損失で確定申告?と思われると思いますが、投資で損失が出た場合、確定申告で損益通算というのができるんです。

その年に50万円損失が出たら、次の年に50万円の投資利益が出ても、前年度の損失と合わせて計算されます。もちろん同じ金額なら相殺されます。これ以外に、投資にかかった経費「ネット接続、書籍代、パソコン…など」そういうのも経費で処理してくれます。

確定申告は税金を納めるだけじゃなく、払いすぎの税金を返してもらうこともできます。まずは投資の利益と損失をきちんと把握して、きちんと確定申告するのが大事です。当然副業での投資は、住民税の処理は自分ですることも心がけてください。間違えて会社に住民税の通知が行くと面倒になる方もいると思われます。節税は、経費と損失の報告を申告することでバッチリです!

チャート画面

カテゴリー: 確定申告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)