医療費控除は対象外も結構あるので注意

年末調整でほとんどの手続きが終わり、翌年の確定申告では医療費控除をするだけという方も多いでしょう。医療費控除を受ける際には、病院の領収書を確定申告の会場に全部持っていけばいいと思っていませんか。でも控除対象外のものも紛れているので要チェックです。

任意で受けた予防接種、美容外科における整形手術など、病院の領収書でも医療費控除の対象にならないものがあります。

簡単な見分け方として、病院の領収書の保険内適用という項目をまず探します。健康保険で賄われたものは一部の例外を除き医療費控除の対象になります。国民健康保険や協会健保などの社会保険で賄われる部分を計算した項目が領収書に記載されています。領収書に保険内適用、保険外適用の記載がない場合は別途明細がついているのでご確認ください。

入院をされた場合は差額ベッド代、食事代などは保険外で医療費控除の対象にはなりません。また、各健康保険組合へ高額医療費の申請をした場合、高額医療費で賄われた部分は医療費控除で申告できません。また、民間の生命保険などで入院給付金を受け取った場合も入院給付金で賄われた部分は医療費控除の対象外になります。

入院費-保険外の支払い(差額ベッド代、食事代)-高額医療費で受け取った金額-受け取った生命保険の給付金=医療費控除の対象金額

対象金額が全額戻ってくるわけではありません。我が家が実際に受け取った医療費控除の還付金は二千円ほどです。高額医療費の申請をして、民間の生命保険会社から受け取った給付金もあるので意外と少なかったです。でも二千円あれば休日に主人と二人で美味しいランチが食べられます。二千円って結構家計にとって大きいです。

手術する人

カテゴリー: 確定申告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)