医療費控除のハードルは高くありません!

医療費控除は、10万以上病院への支払いがないといけないというイメージが強く、入院でもしないと無理、普通に生活している人では中々クリアできる壁ではないと思われていることが多いと思います。

まず、10万の壁は所得によるので、場合によっては10万以下でも対象となる場合もあります。最初から諦めるべきではないということです。更に、医療費控除は、家族分を合算することができる、また同居家族ではなくても同居していない親の分、何らかの経済的な援助をしているということであれば一緒に申請することができます。

確定申告を同一家族内で複数名行う場合は、バラバラに行うのではなく、代表の1名に合算して行った方がより節税になります。そして、病院や薬局に支払いをした金額の合計だけでなく、その病院までの公的な公共交通機関の費用や、骨折等で自力で公共交通機関が使用できない場合は、タクシーの使用も認められる場合があるという税務署の見解があるので、領収書を保管して確定申告の際に相談すると良いと思われます。

これらは、インターネットで検索すると、医療費控除を目的としたデータ管理の無料プログラムなどがあるので、こまめに集計をしていくことがカギとなります。さらに、薬局等の市販の医薬品も医療費控除の対象となります。来年度より、セルフメディケーション税制という市販の医薬品購入だけでも申告できる制度がはじまりますが、従来の医療費控除の対象になる可能性も残されていますので、最初から諦めるのではなくコツコツとレシート、領収書集めと整理からはじめると、節税につながると思います。

タクシー

カテゴリー: 確定申告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)