個人事業主として、家の光熱費等を経費へ算入。

私がやっている節税は、普段の生活から、個人事業主として経費へ算入できるものはできる限り経費へ算入しようとしています。

例えば、私はフリーランスをやっているのですが、自宅がオフィスそのものであります。したがって、家の光熱費やネット回線の大部分を個人事業の経費として算入しています。同様に、携帯電話も仕事に欠かすことはできないもの(取引先との電話・自宅外でのネット作業の際に用いる)であると考え、経費に算入しています。仕事に欠かせないものは経費に算入するという観点から、パソコン・オフィスデスク等を購入する際にもしっかりと領収書を残し、経費とし節税しています。

このように、一見私たちの身の回りには当たり前のように発生している費用がありますが、少し気を付けるだけで、意外と身近に節税することができるものがとても多いです。特に、個人事業主は、経費に算入できるものはどんどん積極的に経費に算入して節税していくべきだと思います。

一方で、なんでも理由をとってつけて、個人事業主だからといって、経費に算入していいわけでもありません。普段の「仕事をこなす上でもご飯をたべていくことは必要だ」ということで食費の全てを経費に算入することはできません。それは節税ではなく、脱税となります。あくまで業務に関することを経費として落とせるからです。ただ、個人事業主個人が経費に算入できるかどうか判断するにはとても難しい境目も多いので、迷ったら専門家に相談すると良いです。

パソコン

カテゴリー: 確定申告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)