住民税などの節税に対策ついて。

毎月給与から差し引かれる住民税ですが、基本的に1月1日を基準として算出されます。私の場合は副業もしていたので、よく海外へ出掛けていました。そこで1月1日の日には住民を市から外し戻って来て元に戻す方法をとっていました。そうする事により確定申告もしていたのでですが、住民税は一切支払ったことはありません。今後、法の改正でどのようになるか分かりませんが現在では有効な手段であります。

現在ではLCCなどの格安航空券もあるので、自分自身の年額住民税と比較し利用すればよいでしょう。

副業での節税では本業の所得税も還元される方法も副業で赤字が出るように、買い物などに行けばコツコツと領収書を貰うようにしましょう。そうすれば副業で自営業を申告していれば本業の所得税も還付できるよう赤字にもっていきます。申告後一週間以内には還付金が戻って来ます。
脱税と言われればそれまでですが、自己責任でしてください。

あとは障害者であれば殆どの税金を支払うことはありません。(消費税などは別)また、未だ実践していないのが、社会保険料の減額方法です。これも、専門家に相談すれば半額程度になるようです。

昨今、パナマ文書では様々な情報がネット上には溢れているが、一考する事も良いです。

飛行機

カテゴリー: 確定申告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)