マンション経営と確定申告による節税

私が実践している節税方法は、マンション経営による確定申告での節税となります。家賃収入をローン返済に充てつつ、確定申告による還付金と住民税減税を受けることで節税しています。初年度は減価償却が全くないので還付金が15万円ほどあり、確定申告による住民税の減税も10万円以上ありました。

ただし減価償却が進んでいくと、年々還付金は少なくなりますし、住民税の減税もそれほどの効果は得られません。マンション経営では、必要経費(管理費用や固定資産税、修繕費や減価償却費等)を家賃収入から控除すると、税務上は赤字となる場合があり、マンション経営の税金がかからないこともあるので、その点も節税になります。

赤字の場合、その分を普段勤務している給与所得からも相殺されて所得が減ることになるので、給与にかかる税金も減ることになり、減税につながっています。※購入初期は税務上の赤字になることが多いので恩恵を受けていました。

ただし、注意しないといけない点があります。不動産の場合、毎年固定資産税を支払う必要があるので、数年すると減税額よりも多く支払うことになる場合があります。このあたりは綿密にシミュレーションしてトータル支出を考慮した上で購入する必要があると思います。

マンション

カテゴリー: 確定申告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)