ドラッグストアのレシートは捨てないで年末まで取っておくべき!

私がよく利用するのは医療費控除。この制度自体はご存知の方も多いですよね。1年に10万円以上医療費がかかった場合に適用するのでしょ?一月あたり1万円以上かからなくちゃ無理だなんて、うちには関係のない話!だなんて思っていませんか?医療費って、病院にかかかったお金や薬代だけではないのですよ。あんなものやこんなものも含まれるんです。

たとえば栄養ドリンク。体調がちょっと悪かったので滋養強壮と体力回復のために飲んでいた、という理由があれば、これも医療費控除対象のものになります。もちろん発熱した際に使ったイオン飲料も。他の人にうつさないように購入したマスクも。鼻風邪症状を抑えるためのティッシュも。

風邪関連ではないですが、歯ブラシ、歯磨き粉も有効です。予防のためではなく、体や歯が悪くなってしまったものを治すためのものや、緩和させるもの、他に人にうつさないためと認識できそうなのもであれば、結構いろんなものが対象になります。なのでドラッグストアーでお買い物した時のレシートは取っておくべき!チリも積もれば、で結構簡単に10万円超える年もありますよ。

戻ってくる金額は少ないかもしれませんが、もう1つ大きなメリットが。医療費が10万円超えると翌年以降の住民税が安くなります!今からでも遅くないので、ドラッグストアーのレシートはできるだけ取っておいてくださいね。

困っている歯のiイラスト

カテゴリー: 確定申告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)