身体障害者手帳で自動車税の免税

自家用車を購入(新車)するときに叔父の障害者手帳を使い自動車税を45,000円免除することができました。障害者手帳を持っている方が身内にいる場合、条件が合えば本人以外でも免税されることがあります。

私は、自動車購入直前までそのことを知りませんでしたが、家内がカタログを見ているときに「この障害者免税適用」と書いた項目を私に聞いてきました。

私はてっきり身体障害者の方自身の購入時にしか適用されないと思っていましたが、ダメもとでディーラーの担当の方に聞いてみました。条件はありますが、普通車でも適用になると返答をもらい、さらに詳しく聞き私が条件に当てはまるか調べてみました。

条件は3つありました(自治体によって条件は違うようです)

1、障害者手帳を持っている本人との続柄
2、障害者手帳を持っている本人との私が居住している場所の距離
3、使用目的が障害者のために何に使うのか。

2のほうは私も叔父も私の親名義の土地に住んでおり、直進距離で50m位だったので問題はありませんでした。3は実際に病院の送迎をすることもありましたので、それを主な理由としました。

しかし、私自信の名義では難しいかもしれないと言われました。それは「障害者手帳を持ってる本人が私の叔父」と、関係が若干薄いことです。そこでディーラーの方と相談して、私の父名義(続柄は叔父の兄)にすることで免税の対象になることができました。

自動車所得税150,000円と自動車税45,000円の免税。「実質54,000円→免税で6,000円」になりました。ただし自動車税は障害者手帳を持っている方が亡くなった場合、亡くなった翌年の税金から通常の税金を支払うことになりますので注意が必要です。

補足ですが、車名義は父にしましたが、自動車保険は私名義で契約することはできました。ですが、税金の納付書は車名義の方のところへ行きますので、支払については事前に相談して決めておいた方がいいですね。

青い車

カテゴリー: 税いろいろ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)