通院や入院は年内にまとめると医療費控除が得。

以前、3か月後の予約をして手術をしたことがあります。5月頃に不調を感じて個人病院を受診していますが、手術を前提としたもっと大きい病院の紹介を勧められてしまい驚いて腹が座らず、結局さらに数か月たった9月にもっと具合が悪くなってから別の総合病院を受診し、手術することが決定しました。

手術が決まると、本格的な検査がどんどん始まります。人間ドッグのように終日や泊りでまとめて検査してもよいのですが、通院でそれぞれ別な日に予約を入れて検査をしていったところ、その検査の数々が少し予想外の費用となってしまいました。少し遠方の病院でしたので、交通費もばかになりません。

最終的に検査を終えて、手術は年明けの1月にすることとなりました。幸い入院期間も入院費もそれほどではなく済んだものの、退院が時期的に確定申告の時期にあたっていたため、所得税の医療費控除があることに気が付きました。医療費は、あらかじめ事前にわかっているなら年内にまとめたほうがお得なのです。

少しだけですが、税金のことを知らなくて損してしまったと思いました。もし知っていたら、5月に手術することを決めてしまい、それに向かって動いていたことでしょう。ただし、今後もそのようなことがあったとしても、緑が鮮やかになる素晴らしい時季節に、自らをそのように追い込めるかどうかは悩むところです。

病院のベッド

カテゴリー: 確定申告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)