知らない人が多い株式投資の損益通算制度

株式投資関連の税金の話となりますが、株式の損益通算の概念を知らずに、税金を多く払っていたことがあります。株式の収入と言えば、株価の上下によるキャピタルゲイン(ロス)とインカムゲインロスがあります。いわゆる、売却損益と配当収入と呼ばれるものです。配当金は基本的に源泉徴収されて、支払がなされるため、自分自身での確定申告は不要です。

他方で、売却損益については、証券口座開設時に、源泉徴収手続の有無の選択により、自身での確定申告の必要か否かが変わります。源泉徴収手続き有りを選択していれば、証券会社が代行してくれますが、無しを選択していた場合は自分自身での確定申告が必要となります。なお、私が失敗したのはこの点ですが、証券会社で源泉徴収手続き有りを選択していた場合でも、利益が出た場合は、もちろん源泉徴収をされた金額が支払われますが、損失が出た場合は、還付手続きまでは行ってくれないのです。

還付手続きを行う場合は、損益通算と言って、自分自身で確定申告手続きを改めて行う必要があるのです。株式の確定申告は、申告分離課税の制度を選択できますので、所得金額の上乗せとはみなされません。あくまで、株式投資の損益を通算した金額を申告することで、損失が発生している人の場合は、還付を受けられることが出来るのです。但し、源泉徴収手続きを自身で行うことを選択されていた場合は、もちろん、利益の方が多いと、還付は受けられませんので、ご留意ください。

2本のグラフを書く色鉛筆

カテゴリー: 確定申告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)