仕事を辞めて知った意外な税金の事実

私は8年半、公務員として働いていました。収入は460万円くらいありました。ただ職場でかかるストレスで病気になり病院に通うことになりましたが、結局居づらくなり、地元に帰って農業をしようと思い退職しました。

退職して1ヶ月ほどはよかったのですが、収入も以前のような額 は到底稼げません。しかし、貯金があるからいいやと思っていた矢先、前年の収入によって納める市民税がありました。私は6月に退職したのですが、数10万円の出費となり、とても驚きました。今の私の収入は月15万円でした。結局、貯金からお金を取り崩すことになりました。

仕事を退職される方は、辞めてハッピーと思うべからずです。前年度の収入に応じて発生する税金があることを肝に銘じてほしいと思います。ですから、辞める前に翌年の税金をきちんとシュミレーションした上で辞めるべきです。

といっても、このご時世、何が起きるかわからないの で私の場合は致し方ありませんでした。やはり転職するということはそれなりにリスクがある社会システムであると思いました。皆様も様々な税金に驚かれると思いますが、私は仕事を辞めてハッピーも束の間、税金の重さを目の当たりにしました。

電卓と通帳とペン

カテゴリー: 税いろいろ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)